転職のことならエムスリーが解決してくれる

建築の仕事を探すなら

建築図面

建築士の資格は大きく分けて2つあります。1つ目は一級建築士、2つ目が二級建築士です。一級建築士を取得すると、二級建築士ではできない多種多様な建築設計に関わることができます。例えば体育館やドーム・学校等の大規模な建物の設計などです。また初対面の方からも、一定の知識や技術を有していると認識してもらえます。つまり一級建築士の資格取得は難関ですが、取得後のメリットは大きいと言えます。申し込める求人も多くなり、自分の可能性を広げることができます。そのため一級建築士を取得している方で就職先を探している方は、資格を最大限に活かせる場所で働くことが大切です。まず一級建築士の資格取得を条件としている求人に申し込むことがおすすめです。なぜなら資格・技術を活かせる仕事内容である可能性が高いからです。また会社によっては資格手当をつけてもらえたり、職場の中心人物として働くことができる可能性も上がります。そして求人の中でも、ゼネコンの求人に申し込むことがおすすめです。ゼネコンは発注者から土木・建築工事を請け負い、専門工事業者をマネジメントする役割があります。また資格を取得していることにより、多くの部門の中から自分の関わりたい分野の仕事に携わることができます。例えば設計する、施工管理をするなどです。特に施工管理の仕事に携わりたい方は、マネジメント能力やリーダーシップだけでなく、知識・技術・信頼性も求められます。一級建築士を取得していることによって、責任のある仕事を任せてもらえる可能性が上がります。